Apple Payの使い方やメリット・デメリットをわかりやすく解説

sumahokesai

最近、よく耳にする「〇〇Pay」という言葉。スマートフォンだけで買い物ができるスマホ決済のことですが、その中でも知名度が高いApple Payに興味がある人も多いかと思います。

今回は、そんなApple Payの特徴や使い方について解説します。ぜひ参考にしてください。

Apple Payとは?

Apple Payは、2016年10月に開始されたAppleの決済サービスで日本国内ではiPhone7から利用可能です。

財布をカバンから出すことなく、iPhoneだけで簡単に支払いができるのでとても便利。

Apple Payはスマートフォンにクレジットカード情報を登録して決済するのですが、細く言うとクレジットカードで支払いをするのではなくクレジットカードに対応した後払い型電子マネーで支払います。

あとで請求がくるため実質クレジットカードで支払っているのとほぼ同じです。

後払い型の電子マネーの他に事前払いのSuicaにも対応しています。

ただし、以前からある「おサイフケータイ」とこのApple Payは同じものではなく、仕組み全然違うので注意しましょう。

ちなみに、交通系ICカードのSuicaはチャージ式なのでクレジットカード情報は関係ありません。

Apple Payに対応したiPhoneがあれば、iPhoneをかざすだけで改札を通られるのでスムーズに電車やバスに乗車できます。

また、コンビニやスーパーでの買い物にも使えるので非常に便利です。

Suicaの主な加盟店
・セブンイレブン
・ローソン
・ファミリーマート
・イオンモール
・イトーヨーカドー
・ヨドバシカメラ
・ココカラファイン
・ドン・キホーテ
・ブックオフ
など

この他にも、大手ファミリーレストランやカフェなどでも利用可能です。

iDやQUICPayにも対応

Apple Payでは、Suicaだけじゃなく後払い型のiDやQUICPayなどの電子マネーにも対応しています。

これらの電子マネーは、事前にチャージするSuicaとは違って支払い後に使った分をまとめて支払います。

そのため、残高を気にすることなく買い物ができるというメリットがあります。

SuicaとiDやQUICPayの違いまとめ

Suica:事前にチャージした分だけ使える。
iDやQUICPay:事前の入金は不要。支払い後にまとめて支払う。

対応クレジットカード

kurezitto

Apple Payではクレジットカード情報を登録するのでどのクレジットカードでも使えると勘違いしている人がいますが、対応クレジットカードのみ支払い可能です。

対応している国際ブランドは、JCB、Mastercard、アメリカン・エキスプレス。

NFC決済では、MasterCard Contactless、AmericanExpress Contactless、JCB Contactlessにも対応しています。

対応する国内ブランド、
・JCBカード
・イオンカード
・楽天カード(AMEXブランドは登録不可)
・au(auWALLETクレジットカード、プリペイドも)
・クレディセゾン
・ソフトバンクカード
・オリコカード
・セゾンカード
・TSカード
・dカード(dカードプリペイド含む)
・ビューカード
・三井住友カード
・NICOSカード
・MUFGカード(VISA、MasterCard)
・DCカード(JAL Visaカードなど)
・ANAカード(VISA、MasterCard、JCB)
・JALカード(JCB)
など

これらは一例なので、自分の持っているクレジットカード会社に一度確認してみてください。

登録するクレジットカードによって、iDかQUICPayのいずれかが付与され、イオンカードやdカードならiDが付与、楽天カードやDCカードならQUICKPayが付与されます。

条件の良い好きなクレジットカードを選ぼう

kurezito

Apple Payで支払いをしてもAppleから特別なポイントがもらえるわけではありません。

そのため、どのクレジットカードを使っても基本的には大きな差はなく、クレジットカードのポイント還元率など使う上で条件の良いカードを選ぶようにしましょう。

ただし、一点注意が必要で、例えばこれまでApple Payに対応していたクレジットカードであっても突然Apple Payで使えなくなることがあります。

これはAppleとクレジットカード会社のことなので、ユーザーがどうにかできることではありません。

そんな事態にならないためにも、Appleと相性の良いクレジットカードを選ぶことが大切です。

Apple Payのメリットとデメリット

メリットその1:電車や飛行機に乗れる

apllepay

Suicaに対応しているため、電車やバスにiPhoneだけで乗車できます。

これは、Apple Payの代表的なサービスで普段から使っている人も多いと思います。

実は、電車やバスだけじゃなく「JAL」や「ANA Skipサービス」にも対応しており、空港での搭乗手続きなしで飛行機にも乗れます。

Apple Payは、通勤・通学、飛行機によく乗るという人に重宝するでしょう。

メリットその2:たくさんのクレジットカードを1台で管理できる

Apple Payには、1台のiPhoneで最大8枚までのクレジットカードを登録できます。

クレジットカードが多くなると管理するのが大変ですが、Apple Payを使うと1台で複数のカードを管理できるのでとても便利。

メリットその3:強固なセキュリティー

クレジットカードだと万が一紛失してしまった際に、他人に悪用される可能性がありますが、iPhoneだともし失くしてしまっても別のデバイスから利用を停止することができるので安心です。

また、決済する際もTouch IDによる指紋認証が必要なので、安心・安全に使えます。

メリットその4:iPhoneから簡単にチャージできる

Suicaのチャージでいちいち自動券売機などに行くことなく、iPhoneからいつでもどこでも簡単にチャージが可能です。

デメリットその1:対応する電子マネーが少ない

国内には、Suica、iD、QUICPayの他にもたくさんの電子マネーがあります。
Apple Payでは、楽天Edyやnanacoなど主要電子マネーが使えないのがやや不便です。

デメリットその2:VISAではネットショップ決済できない

国際ブランドの「VISA」では、Apple Payでのネットショップ決済ができません。

街中での買い物には問題なく使えますが、ネットショッピングをよくするという人は注意が必要です。

Apple Payの使い方・チャージ方法

利用者が多い事前払いのSuicaの使い方、チャージ方法です。

Suica

Apple Payに登録したクレジットカードからチャージが可能。チャージの上限は2万円まで。

①設定

applepay

②Wallet

applepay

③カード追加

私はすでに楽天カードとSuicaを入れているので2つ表示されてます。

applepay

④続ける

⑤登録する

・クレジットカード登録なら青い枠
・Suicaは赤い枠

⑥今回はSuicaなのでカード番号と生年月日を入力して完了

SuicaのアプリではSuica定期券も購入できるので、必要な人は利用ください。

コンビニなどでSuicaで支払う際は、「Suicaでお願いします」と店員に伝え専用機にiPhoneをかざすだけで支払い完了です。

iPhoneのバッテリーがなくなると支払えないので注意してください。

また、「ビューカード」のみSuicaのオートチャージにも対応しています。

手動チャージは、「Wallet」か「Suica」アプリを使って行います。WalletアプリではApple Payに登録してあるクレジットカードを選択して行います。

SuicaアプリならApple Payに加えてSuicaアプリに登録してあるクレジットカードも選択可能です。

Walletアプリでは1円単位でのチャージが可能なのに対して、Suicaアプリでは固定金額のみのチャージです。

あと、コンビニやスーパーのチャージ端末を利用すると現金でのチャージもできます。

iD・QUICKPay

「iD・QUICKPayでの支払いにはクレジットカードを使うので、iPhoneでの事前チャージは必要ありません。(プリペイドカードの場合はカードへのチャージが必要)

コンビニやドラッグストアなどの日本全国の対応店舗で専用リーダーに端末を近づけて認証するだけで支払い完了。わざわざWalletアプリを起動しなくていいので手軽に支払いができます。

最後におまけで、カードにまつわることとして今使っている人が多いキャッシュレス決済の「Apple Pay」にオススメのクレジットカードをいくつかご紹介します。

Apple Payにオススメのクレジットカード

2016年10月から日本でもサービスを開始したApple Pay。

企業対応がどんどん進み国内発行の多くのクレジットカードでこのApple Payが使えます。その種類の多さから、どれが一番良いのか迷うこともあるかもしれません。

そんな人のために、ここではApple Payと相性の良いクレジットカードを3つピックアップしました。

1:JCB CARD W
2017年10月より「JCB CARD W」と「JCB CARD W plus L」が新たに発行されました。

39歳以下限定の人気のカードで、「JCB CARD W」は男性用、「JCB CARD W plus L」は女性用です。
このJCB CARD Wをセブンイレブンで使うと、ポイントが4倍になりお得に買い物ができます。

また、年会費が無料なのに海外旅行保険もついているのは嬉しいポイント。「39歳以下限定」と言っても、一度入会してしまえば40歳を超えてもそのまま使えるので、心配いりません。

JCB公式サイト

2:アメックス・グリーンカード
高いステータスを誇る「アメックス・グリーンカード」。

このアメックス・グリーンカードは一般カードですが、ゴールドクラスのサービスが利用でき、ビジネスマンに人気のカードの1つです。

アメックス・グリーンカードがあれば、空港ラウンジが同伴者1名まで無料で利用でき、手荷物宅配サービスが無料、世界中のVIPラウンジが無料で利用できるプライオリティーパスもついています。
海外出張などがよくある人に最適の1枚です。

アメリカンエキスプレス公式サイト

3:dカード GOLD
dカード GOLDはドコモが発行するクレジットカードで、ドコモ料金の還元率が高いことで有名です。

例えば、一ヶ月にドコモを9,000円以上利用する人ならそれだけで年会費をポイントでカバーできるほど。基本還元率は1%と高いですが、Apple Payをローソンで利用するとなんと還元率が5%に、とにかくApple Payと相性抜群のクレジットカードなのです。

また、dカード GOLDには携帯補償などたくさんの安心の補償サービスがついています。

例えば、dカードで購入した端末が盗難や水濡れなどした場合、dカードで購入する新端末の費用を補償してくれるサービスなどです。

補償期間は3年間で補償額は10万円。また、海外旅行保険や国内旅行保険もついています。

dカード公式サイト

まとめ

いかがでしたか?今回は、Apple Payの特徴と使い方についてでした。