【2019年版】キャッシュレスの人気おすすめスマホ決済アプリ3選!

最近、街中でよく見かけるようになったスマートフォンを使って決済するシーン。

「一体、どうやってるの?」とついつい覗き込んでしまいますが、日本国内でも徐々にこのスマホ決済が浸透してきています。

キャッシュレス決済には、スマホ決済の他にもカード決済や電子マネー決済など様々ですが、今回はスマホ決済を中心にそのオススメのアプリをご紹介します。

ぜひ、参考にしてください。

駅の改札でピタッと決済

朝、通勤時に駅の改札でスマートフォンを改札口の機械にかざして通っている人をよく見かけます。

え、すごい…と思ったこともあるかもしれませんが、それはスマホ決済の1つです。定期券の入った財布やカードケースをカバンから取り出さなくてもよく、サクッとスピーディーに決済ができます。

改札口だけじゃなく、コンビニやスーパーでも専用機械にスマートフォンをかざして決済する人もおり、全国の店やサービスでこのスマホ決済が使えるシーンが増えています。

コンビニなどでは電子マネーがあれば、カードを機械にかざすだけで買い物ができますが、スマホ決済ならさらに荷物が減り身軽になります。

でも、スマホ決済って一体どんなサービスなの?と疑問に思う人も多いかもしれません。ここからは、スマホ決済の種類についてです。

スマホ決済は大きく分けて2種類

スマホ決済には、「非接触型決済(非接触IC決済)」と「QRコード決済」の2つあります。

「非接触型決済」では、クレジットカードや電子マネーなどを登録したスマートフォンを専用の端末にかざすだけで決済が完了します。

例えば、電車に乗る際に使う「Suica」がその代表例で、「楽天Edy」や「WAON」などもそれに分類されます。実際、すでに使っている人も多いでしょう。

それに対して、QRコード決済は支払い時にスマートフォンに表示されたQRコードを端末に読み取らせて支払いをするタイプと、店舗側が用意したQRコードを読み取って決済するタイプがあります。

スマホ決済には基本的にこの2つの種類があり、私たち利用者側からすると前者の非接触型決済の方が手軽に使えると思います。

ただ、店舗側からするとQRコード決済の方が読み取り専用端末を購入しなくてもいいので、コスト面でもQRコード決済の方がありがたいのです。

スマートフォンによって非接触型決済サービスが異なる

自分の使っているスマートフォンの種類によって、非接触型決済サービス(アプリ)が異なります。

例えば、iPhoneを使っている人なら必然的に「Apple Pay」になります。iPhone7以降の端末、Apple Watch Series 2以降の端末を使っている人なら、Apple Payを利用できます。

Apple Payでは、クレジットカードや電子マネーを登録してススマートフォンをかざすだけで決済可能です。

Android端末を使っている人なら、「Google Pay」を使います。こちらも、クレジットカードや電子マネー情報を登録してあとは専用機械に軽くかざすだけ。

ちなみに、WAONなど電子マネー決済はおサイフケータイに対応している機種でも利用できます。

Suica、nanaco、楽天Edy、WAON、QUICPayとほぼメジャーな電子マネーにも対応していますが、残念ながらiDには対応していません。

あとは、Google Payが使える端末であればおサイフケータイを利用するのもいいです。

このように使っている端末によって必然的に使えるサービスが決まっているので、もしiPhone7以降の端末を使っている。

もしくはApple Watch Series 2以降を使っているという人はApple Payを、Android端末を使っている人ならGoole Payかおサイフケータイになります。

おすすめQRコード決済アプリ

続いてはQRコード決済ですが、QRコードは国内でも広まりつつあるスマホ決済サービスなのでたくさん種類があります。

それぞれの特徴をもとに解説します。

おすすめQRコード決済アプリその1:LINE Pay

LINE Pay

無料通話アプリ「LINE」でお馴染みの「LINE Pay」。

チャージしたお金で決済したり、割り勘や送金したりできるアプリです。LINEは日頃からよく使うサービスなので、始めやすいのが特徴です。

ただ、それはデメリットにもなり、あまり仲の良くない人をLINEに友達登録するのに少し抵抗を感じる人もいるかもしれません。

LINE Payは誰でも使えますが、本人確認の有無によって利用できるサービスが異なります。

本人確認をしていない場合は「LINE Cash」となり限られたシーンでしか使えませんが、本人確認を済ますと「LINE Money」となって送金や決済などあらゆるサービスが利用可能です。

LINE Payにお金をチャージするとまずLINE Cashになります。このLINE Cashの使用用途は非常に限られているので、できることなら本人確認をしてLINE Moneyを使えるようにしたいです。

そのため、LINE Payを使うにはLINE Moneyの利用はマストのようなもので、どうしても本人確認をしたくないという人にはやや不向きです。

ちなみに、本人確認は身分証明書の提出や現在では銀行口座を連携させることでもできるようになりました。本人確認には1〜2週間くらいかかります。

LINE Payこんな人におすすめ

  • LINEに使い慣れている
  • 初めてスマホ決済を使う

LINE Pay - 割引クーポンがお得なスマホ決済アプリ

LINE Pay – 割引クーポンがお得なスマホ決済アプリ
開発元:LINE Pay Corporation
無料
posted withアプリーチ

おすすめQRコード決済アプリその2:Origami Pay

スマホ決済サービスの中でも大手の「Origami Pay」。

Origami Payで決済するだけで何%か安くなる割引制度が充実しており、現在、勢いのあるスマホ決済サービスの1つです。加盟店もどんどん増えています。来年2019年には、海外でも使えるようになるとか。

Origami Payアプリでは、事前にクレジットカード情報を登録しておき、対応店舗で表示されたQRコードを読み取って決済します。決済が完了するとお店の端末に金額と一緒に「お支払いが完了しました」と表示されます。

買い物時は、いちいち暗証番号を入力する必要がないので、スムーズに決済が行えます。

対応クレジットカードブランドは、VISA、Mastercard、JCB、アメリカンエクスプレス、ダイナーズクラブ、Discoverです。複数のクレジットカードを登録できます。

Origami Payこんな人におすすめ

  • 割引制度を活用したい
  • 海外でもOrigami Payを使いたい

Origami スマホ決済アプリ

Origami スマホ決済アプリ
開発元:Origami Inc.
無料
posted withアプリーチ

おすすめQRコード決済アプリその3:PayPay

paypay

2018年10月にサービスを開始したばかりの「PayPay」。

結論から言うと、今回最もおすすめしたいスマホ決済サービスで、最近ものすごいキャンペーンを開始しました。

それが、支払額の20%をボーナスとして還元する「100億円あげちゃうキャンペーン」で、テレビやネット上でも話題になりました。

来年3月31日までの期間限定でPayPay加盟店にてPayPay決済を行うと、決済利用金額の20%をPayPayボーナスとして付与しますよというもの。(すでに100億円に達したのでサービスは終了している)

一人の月額上限は50,000円相当で、1月10日ごろにユーザーにそれぞれ対象金額が付与されます。

これまでにない高還元率でスマホ決済業界の主役になりつつあり、今後の動向にも注目が集まります。

PayPayでは、「PayPay残高」、「Yahoo!マネー」、「クレジットカード」の3つの支払いに対応しており、友人への送金も可能なので割り勘時などに便利です。

対応クレジットカードは、VISA、Mastercard、ヤフーカードの3種類。

送金する際は、友達のQRコードをスキャンするか、友達の電話番号を入力します。いずれにしても、アプリを使ってとっても簡単に送金できます。

PayPayは、iPhone・Androidどちらでも利用可能で、アプリをインストールして登録するだけで利用できます。もちろん、登録や利用は無料です。

PayPayへの利用登録には、携帯電話番号とYahoo!JAPAN IDのいずれかの入力が必要です。

Yahoo!JAPAN IDはなくても登録できますが、利用シーンがやや制限されるので連携させた方がベターです。

PayPayはこんな人におすすめ

  • お得なキャンペーンを利用したい
  • 今最も勢いのあるサービスがいい

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)
開発元:PayPay Corporation
無料
posted withアプリーチ

まとめ

いかがでしたか?今回は、キャッシュレス決済のおすすめアプリについてでした。