キャッシュレスでおすすめの便利なカードケースの選び方とオススメを紹介

カード決済やスマホ決済など、今キャッシュレス決済がとにかくアツいです。

キャッシュレス化が進むと当然現金がなくなり、財布を持つ人も減ります。そこで、必要なものだけを持ち歩く「カードケース」の需要が高まっており、利用する人が増えています。

今回は、そんなカードケースの選び方とおすすめ商品について書きます。ぜひ参考にしてください。

キャッシュレス化によって何が起こるのか

財布から現金を出すことなく決済が可能な「キャッシュレス決済」。

すでに、クレジットカードやデビットカード、電子マネーやスマホ決済を利用しているという人も多いかもしれません。

また、キャッシュレス決済に対応した店舗もどんどん増えており、テレビでもよく取り上げられるようになりました。

キャッシュレス化には、効率化やセキュリティー面など様々なメリットがあります。

まず、キャッシュレス化によって「お釣り」という概念がなくなり、レジでのお釣りの渡し間違いなどレジトラブルが急激に減ります。

また、消費者も店舗側もお金を数える必要が一切なくなるので、会計がスムーズになります。

店舗側は1日の売上額を計算する必要がないので、仕事が減り人件費も削減できます。

実際問題、カード決済などを取り入れるのに慎重な店舗では「手数料がもったいない」という理由が大半を占めていますが、従業員の方のお金の管理など労力と時間を考えたらカード決済の手数料は安いと思いますが、どうでしょうか。

あと、キャッシュレス化になることでATMに行ってお金を引き出す必要がなくなるので、ATMを探す、列に並ぶ手間が省けます。

これは結構ストレスになることが多く、仕事の休憩時間などにATMに行って長い列が並んでいたら、せっかくの仕事休憩が台無しになります。

また、すべてのATMで手数料なしでお金を引き出せるわけではないので、提携ATMを探すのは結構一苦労です。

まあ、普段ATMに寄ってからどこかに行くというのは習慣化しているので、そこまで恩恵を受けないのでは?と思うかもしれませんが、実際にATMに行く必要がなくなればどれだけ面倒だったかというのがわかると思います。

実際、筆者はポーランドにてキャッシュレス生活を実践しており、普段ATMは一切行きません。でも、月に1回くらい行かなければいけないのですが、とても面倒です。

あとは、お金がなくなるので財布もなくなります。

スマホ決済のみ使う人なら、スマホだけで構いませんが、カード決済や電子マネー決済など何かしらのカードを持っている人は、定期入れなどのカードケースを持ち合わせておく必要があります。

カードケースの選び方

カードケースは、定期券などのカード類を収納するケースのことで、モノによっては小銭入れがついているものもあります。

いずれにしても、財布よりも何倍もコンパクトで持ち運びしやすいのがカードケースの特徴です。

その1:機能

使用用途に合わせて機能性で選びます。例えば、先ほど紹介した小銭入れ付きのカードケース。

これは、財布を完全になくすのは少し不安…という人に、カードケースと小銭入れが一体になったタイプがいいでしょう。

あとは、クレジットカードを収納する人にオススメなのが「磁気防止機能」付きのカードケース。

スマートフォンやカバンのマグネットで磁気不良が起きて、クレジットカードが使えなくなることがあります。

また、クレジットカード情報を読み取られる「スキミング防止機能」や「RFIDブロッキング機能」もあった方がいいかもしれません。

その他、ワンタッチでカードが出てくる優れものもあるので自分の用途に合わせて選びます。

その2:素材

カードケースの素材で一般的なのは、革や金属製のものです。

革製なら使っていくうちに味が出てかっこいいですし、金属製なら耐久性がありスーツなどフォーマルなシチュエーションにも最適です。

あとは、軽量で汚れがつきにくいビニール製のものもあり、自分の好みの素材を選んでください。

毎日使うものなので、使っててしっくりくる素材のものが理想です。ちなみに、筆者はジーパンのポケットに入れて持ち運ぶことが多いので、硬い金属製ではなく革製のものを使っています。

その3:容量(収納枚数)

カードケースを選ぶ上で最も大切なのが、何枚収納できるかということ。

人によっては、5枚以上になる人もいますし、それ以上持ち歩く人もいるかもしれません。

ただ、キャッシュレスにするためできるだけカードの数も減らした方がよりスマートになるので、本当に必要なものだけ持ち運ぶようにしたいです。

収納枚数が多いカードケースだと必然的にサイズも大きくなるので、ポケットには入らなくカバンに入れないといけなくなるかもしれません。

これは個人差が大きいので一概には言えませんが、定期券、名刺、クレジットカード1〜2枚、ポイントカード2枚程度が理想でしょうか。

カード収納可能なスマホケースもグッド

スマホケースには、カードを数枚収納できるタイプもあります。

これならカードケースを別途持ち歩く必要がないので、より荷物が減ります。

一般的には、カード2枚〜3枚程度収納できるものが多いので、それ以上持ち歩く人には不向きかもしれません。

あと、マグネットがついているものが多いのでカードの磁気不良が起きることも考えられます。

カード入れ付きスマホケースを選ぶ際は、マグネットのないもの、できるだけカード収納スペースが多いものを選びましょう。

iPhoneユーザーには、職人が一つ一つ丁寧に作り上げた「栃木本革レザーケース」をおすすめします。

カードポケットが5つにサイドポケットが1つと抜群の収納力を誇り、カードだけじゃなくお札なども入れられます。

本革なので耐久性があり使えば使うほど革の深みが出てきます。値段は3,980円と少し高いですが、品質と機能性を考えると十分納得です。

サイズは約縦13.3cm×横7.4cm×厚1.8cmに、ストラップホールはなし、「Made in Japan」の日本製で世界で1つの「革の味」をご堪能いただけます。

次に、おすすめのカードケースを男女別に1つずつご紹介します。

おすすめカードケース

男性におすすめのカードケース「オロビアンコ(OROBIANCO)」

OROBIANCO

イタリアのミラノで誕生したブランド「オロビアンコ」。

イタリアの国旗カラーのリボンがついているカバンが有名ですが、財布やカードケースもあります。

このオロビアンコのカードケースは、レザーを採用したシンプルで大人っぽいデザインが特徴。4つのカード入れとポケットが1つついています。

落ち着いた大人の男性にぴったりのカードケースです。

ちなみにサイズは、縦8cm×横11.5cm×厚さ2.5cm、カラーはブラックとブラウンがあります。

女性ににオススメのカードケース「ダコタ(Dakota)」

Dakota

ダコタは株式会社プリンセストラヤが立ち上げたファッションブランドで、財布やカバンなどを販売しています。

ダコタのカードケースは、革に小さな花柄の模様がキュートで上品だけれども可愛いデザインが特徴です。その他、様々なデザインがあります。

値段も1万円しないので、20代や30代などの若い女性にも人気です。牛革を使っているので長く使っても傷みにくく、使っているうちに革が馴染みます。

カードケース数やカラー、デザインを参考に選んでみてください。

まとめ

いかがでしたか?今回は、キャッシュレス化で需要の高まっているカードケースについてでした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です