世界屈指のIT大国【エストニア】のキャッシュレス事情が凄すぎる!

皆さんは、「エストニア」と聞いて何を思い浮かべますか?おそらく、あまりわからないという人が多いと思いますが、エストニアは世界でもかなりのIT大国なのです。

今回は、そんなエストニアのキャッシュレス事情についてご紹介します。

ぜひ、参考にしてください。

そもそもエストニアってどこ?

エストニアは、バルト三国の1つで旧ソ連の国です。人口は134万人とかなり少なく、神戸市の人口と同じくらいです。

首都はタリンで人口おおよそ42万人。

公用語はエストニア語ですが、若い人から年配の人まで幅広く英語が通じるそうです。

日本から観光などで行く人は少ないと思いますが、治安も良く綺麗な街並みが観光客に人気です。

あのSkypeを開発したのはエストニア!

skype

最近は使い人は減りましたが、皆さんも知っている「Skype」を開発したのもここエストニアなのです。

今ではSkypeはMicrosoftに買収されましたが、今でもエストニアのタリンで一部開発されているそうです。

エストニアは、小国ですがかなりのIT大国。国全体でIT化を進めており、選挙などあらゆることがインターネットで行えます。

日本よりも国民のIT意識はものすごく高いです。

ここからは、そのエストニアのIT大国ぶりについてです。エストニアではあんなことからこんなことまで全てネットでできてしまいます。

エストニアがIT先進国と言われる理由

その1:オンラインで会社設立

エストニアでは、オンライン電子サービス「e-Business Register」というシステムで会社設立が行えます。

e-Business Register

日本の東京法務局で会社設立しようとすると、1週間〜10日ほどかかるとされていますが、エストニアではたったの最短18分だとか。

その2:ネットで選挙投票

i-Voting

エストニアには「i-Voting」という電子投票システムがあり、自宅や職場、国外にいても投票ができます。

選挙というと、投票所に行って紙に書いて投票するのが普通ですが、エストニアでは選挙もネットで完結してしまうのです。

そのため、仕事など忙しい人でも投票所に行かなくてもいいので、手間が省けます。同時に投票率も上がりそうです。

その3:医療記録もネットで

国民の出生から死亡まであらゆる医療記録が管理、記録されるプラットフォーム「e-Health 」があります。

これにより、かかりつけ以外の病院に行ってもいちいちカルテを作成する必要がなく、どの病院でも医師は医療記録にアクセスすることができます。

また、アレルギーや血液型、薬物などの情報も簡単にわかるので治療がスムーズに進みます。

その4:非居住者のための「e-Residency」

e-Residency

「e-Residency」は、電子居住権のことで移住権を持たない外国人を含めてエストニアに住んでいなくてもエストニアの電子行政サービスなどが利用できるようになるという優れものです。

ポイントは、エストニアに住んでいなくてもe-Residencyを取得できるということです。

ちょっと想像しにくいかもしれませんが、エストニアにいなくてもエストニアの ‘’e国民’’ になれるのです。

通常なら、その国に住んでその国の住民になることで、あらゆるサービスを受けられるようになりますが、さすがはIT大国ということだけありエストニアでは全てインターネット上で完結してしまうのです。

そのため、国外にいてもエストニアの ‘’国民’’ になれるということです。

ただし、このe-Residencyを取得したからとエストニアの市民権や移住権が獲得できるものではなく、あくまでも ’’バーチャル’’ な国民ということを覚えておいてください。

e-Residencyの登録者は、2018年時点で世界中で40,000人を超え、日本からも約2,000人もの人がe-Residencyに登録しています。

ちなみに、安倍首相もe-Residencyに登録しているそうです。

e-Residencyでできること

このe-Residencyを取得すると、法人設立、口座開設、電子署名などができるようになりエストニアでビジネスを始めたい人に大きな恩恵があります。

また、エストニアはEUに加盟しているのでEU加盟国でのビジネスチャンスにもなります。

このe-Residencyを取得するには、エストニアに行く必要はなくオンラインで申し込み可能です。

サイト→http://e-resident.gov.ee/

英語で申し込みができて、登録費用は100ユーロ(約13,000円)。有効期限は3年です。

e-Residencyの受け取りは、エストニア大使館に事前予約して取りに行きます。その際、パスポートが必要なので忘れないようにしてください。

受け取り後は、e-Residencyのアプリをインストールしてカードをアクティベートする必要があります。

これで、エストニアで企業や納税、口座解説ができるようになります。

エストニアでのキャッシュレス事情

IT大国として知られているエストニアでは、当然ながら普段の買い物もキャッシュレスです。

基本的には現金いらずでほぼ全ての国民が銀行口座に直結したデビットカードを使っています。

そのため、支出が一括で管理できるので、納税額が瞬時にわかるため確定申告する必要がありません。よって、税理士や会計士の仕事がなくなっているとか…。

市場やスーパーなどどこでもキャッシュレス!

エストニアでは、スーパーから街の露天や市場など本当にどこでもカードでの支払いが可能です。

そのため、基本的には国民は現金は使いませんが、カードを忘れた人のために現金での支払いにも対応しています。

子供でも現金を使わずキャッシュレスで支払いをするようです。日本では考えられないほどキャッシュレス文化が浸透しています。

スーパーには、日本でも最近徐々に増え始めていますが、自動レジが多くあり、カードなどキャッシュレスでの支払いにも対応しています。

また、仮想通貨での決済にも対応している店舗もあり、カフェなどでビットコインなどの仮想通貨での支払いが可能なところもあるとか。

まとめ

超IT大国の「エストニア」。

日本ではまだまだあまり知られていない小国ですが、キャッシュレス文化やe-ResidencyなどとにかくITが進んでいます。

今すぐエストニアのようにIT化するのは簡単ではないですが、今後の課題としてエストニアから学べることはたくさんあるのではないでしょうか。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。