キャッシュレス決済導入をオススメする人としない人の3つの特徴

最近、テレビやネット上で取り上げられることの多い「キャッシュレス決済」。

スマホ決済やカード決済など様々な決済サービスがあり、同じ買い物でもキャッシュレスにするだけでポイントが貯まるなどたくさんの特典があります。

このサイトでは、キャッシュレス化を推奨しますが、この記事では筆者のキャッシュレス生活を参考にキャッシュレス化に向かない人と向く人の特徴について書きます。

「キャッシュレス決済が日本を変える」とも言われている

ここ最近、クレジットカードや電子マネー、そしてスマートフォンなどによるキャッシュレス決済が注目されています。

東京オリンピックや大阪・関西万博など多くの外国人観光客がやって来ることが予想され、観光立国としての1つの政策です。

もちろん私たち日本人にとっても、財布の中身が減り、持ち歩く荷物自体が減るので、よりスマートに買い物ができます。

スマートフォンの普及によって、銀行残高や買い物データなどを気軽に確認できるようになり、またスマートフォン自体で決済する「スマホ決済」も広まっています。

これまで日本では、このキャッシュレス化が遅れているとの声がありましたが、最近になりかなり活発化している気がします。

実際、日本を訪れた訪日外国人の多くは現金主義の日本に不便を感じており、観光客確保のためにも ‘’世界基準’’ ともされるキャッシュレス化が必須なのかもしれません。

国内におけるキャッシュレス化に向けたインフラ設備でも、大手3大銀行がスマホ決済においてQRコードの規格を統一することに合意しており、日本でも一気にキャッシュレス決済が進みそうです。

また、国内の大手銀行は今後5年間で銀行ATMの数を2割程度削減することを目標にしており、これはキャッシュレス化が進む北欧諸国での金融インフラの削減ペースに匹敵するとも言われています。

キャッシュレス化の実現には金融インフラが大きく関係しており、キャッシュレス化(スマホ決済)実現の大きな支えになるでしょう。

そんな今注目されるキャッシュレス化ですが、全ての人に向いているとは限りません。

例えば、機械に詳しい(又はある程度知識がある)若年層なら不便なく使えるかもしれませんが、スマートフォンさえ持っていないデジタルな高齢者の方には初期設定から実際の利用まで、やや不便を感じるかもしれません。

年代だけじゃなく、人の性格などによってもキャッシュレス化が向いていない人もいます。

この記事で述べることは、向いていない人はキャッシュレスを使わない方がいいということではなく、あくまでも性格からわかるキャッシュレスに向いている人と向いていない人の特徴を紹介しているだけなので、参考程度で読んでください。

キャッシュレス決済をオススメする人しない人

その1:ミニマリスト思考

ミニマリストとは、生活に必要最低限のものしか使わない人のことで、最近YouTubeなどでもよく話題になる内容です。

キャッシュレス化にすることで余分な現金や財布を持たなくて済むので、できる限り物を減らしたいミニマリスト思考の人にもピッタリです。

その一方で、必要不要関係なくカバンにある程度のものが入っていないと落ち着かないという人には、ミニマリスト的な思考は不向きです。

財布の中身も同じで、ある程度の現金がないとどこか不安という人にはキャッシュレスは難しいと思います。

ただ、これも実は慣れの部分が大きくて、私もキャッシュレスを始める前はある程度の現金がないと落ち着かないタイプだったのですが、今では完全に慣れました。

その2:デジタルが好き

キャッシュレス決済にするということは、基本的に全てデジタルになります。

スマホで支払ったり、カードで支払ったり、残高をアプリなどで確認したりと、支払いから管理まで全てデジタルで管理します。

そのため、例えばスマホ決済を使うならスマートフォンの使い方に詳しくないといけなく、機械音痴の人にはやや仕切りが高いかもしれません。

あと、デジタルで管理するのにセキュリティ面などに不安を感じる人は、現金で支払った方が ‘’支払った感’’ があるので、好む人もいます。

筆者もそうなのですが、デジタルが好きな人、テクノロジーに興味がある人にとってキャッシュレス決済は楽しいの一言です。

その3:コツコツポイントを貯めたい

pointo

楽天ポイントやnanacoポイントなど、各社独自のポイントサービスを実施してます。

買い物額に応じてポイントがつき、貯まったポイントで買い物や他銀行への送金手数料などに使えるものなどがあります。

ポイントは各カードを提示するだけでも貯まりますが、電子マネーやカード決済などキャッシュレス化することでよりお得に貯まります。

月一のサービスなどを併用すると2倍、3バイトお得にポイントを貯められることもありますが、普通は0.5%か1%ほどの還元率なので、貯めるのにはある程度の時間がかかります。

キャッシュレスは「少しでもたくさんポイントを貯めたい」と思う人にに向いています。

逆にポイントなんて要らないという人には、たった数ポイントのために初期設定などをしないといけないので、面倒に感じるでしょう。

徐々にキャッシュレス化に慣れていく

いきなりキャッシュレス生活を導入しても、やはり不便を感じると思います。

そのため、ストレスを感じないように徐々にキャッシュレス化していくことをオススメします。

いきなり財布をなくすのではなく、まずは財布の中のカードを少なくする、小銭をなるべく減らすように心がけるなどです。

まず、財布にカードは何枚入っていますか?実際、必要ないカードを入れている人が多く、どのシーンで使うのかもう一度考えてみてください。

カードを減らすだけでもとても身軽になりスマートになります。

徐々に減らしていき、もし生活で必要ならまた追加すればいいのです。

まとめ!

キャッシュレスは本来利便性に長けたものなので、それを導入してストレスや不便を感じたら本末転倒です。

そのためにも、まずは自分にとって必要なものと不要なものをもう一度確認してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です