2000ポイントもらわなきゃ損!お得なメルペイ登録・スマホ決済方法

2019年10月には500万人の利用者数を超え、満足度調査で1位に輝いたこともある「メルペイ」。

何がそんなに良いのか。新規登録方法や利用方法、ポイントのもらい方まで、2019年11/6から始まった「すすメルペイキャンペーン」などのお得な情報も含めまとめてみました。

メルペイって何がそんなにいいの?

今メルカリのおかげで、スマホ一つあれば誰でも簡単に使わなくなったものを売り買いできることが可能になりました。だからこそ活用してほしいのがメルペイ(メルカリpay)メルカリ(フリマアプリ)で販売して得た売上金をそのまま利用できるので入出金の手間が省ける上に手元にお金がなくても生活していくことが可能です。

スマホでメルカリアプリさえダウンロードしておけば日本全国どこでもコンビニや飲食店などで気軽に使えます。なんと言ってもポイントが簡単にもらえたり、購入金額の数%をポイント還元してくれたり、クーポンをくれたりと、メルカリと併用することでとてもお得に利用可能です。

メルペイお得情報一覧
  • メルカリ新規登録で500Pもらえる
  • メルペイ新規登録で1000Pもらえる
  • 招待するごとにポイントがもらえる
  • スマート払いにすると1000Pもらえる
  • キャッシュレス利用で5%還元
  • メルカリスマート払いの利用で3%還元

    ※それぞれ利用条件があります

メルペイを取り入れると家計に優しく、スムーズにお支払いができる様になります。

メルペイとは

そもそもメルペイとは、メルカリのアプリを使ったスマホ決済サービスです。「銀行口座を登録」or「かんたん本人確認」をすることでサービスの利用が可能になります。

メルペイが導入される以前のメルカリでは、アプリ内で販売して得た売上金を利用するにはメルカリ内の商品を購入するか、現金化するかの2パターンしかありませんでした。

現金化するにも手数料がかかってしまったり、指定の口座に入金してもらうのにも時間がかかっていました。

しかし、メルペイが導入されたことでメルカリアプリ以外の市場で支払いができるようになったのでメルカリで得た利益を更に利用しやすくなりました。

メルペイのお得な新規登録方法

①まずメルカリアプリをインストールして、「Facebookアカウント」「Googleアカウント」「メールアドレス」の3つから登録方法を選び会員情報を入力していきます。

お得情報1
メルカリを登録する際に、身近でメルカリを利用している人がいるのであればメルカリに招待してもらうとお互いに500ポイントもらえます。

②メルペイアカウント登録
会員情報を登録後、メルカリのホーム画面が出てくるのでこのホーム画面下のメルペイをタップしてメルペイ画面を開きます。

お得情報2
メルペイに新規登録するときに、身近でメルペイを利用をしている人がいたらメルペイに招待してもらうとお互いに1000ポイントもらえます。(招待した人の場合は招待された方が「本人確認後」にポイント付与)

もし、身近にメルペイをしている人がいなくてもご安心下さい。招待されていなくても1,000円もらえる方法をお伝えします。

メルペイ画面をスクロールして下にいくとキャンペーン情報が載っています。その中の【メルペイに登録すると1000円分ポイントもらえる】をタップ



招待コードを入れる画面が出てきますので「メルペイに登録」する画面を開いて【招待コード】を入力。

身近にメルペイを利用している人がいなくて招待してもらえない場合は【HGUKZP】を入力して「本人確認」していただくと1,000円分のポイントが貰えます。

すでにメルペイに登録している方は招待画面から【シェア】ボタンを押すことで簡単に友達や家族を招待することができます。

招待された側が「本人確認」することが条件ですが、友達の数×ポイントをもらえるので沢山招待すればするほどポイントがもらえます。(付与されたポイントは付与させてから60日間しか有効期限がないのでご注意ください)

本人確認をしてポイントをもらう方法

ポイントをもらうためには本人確認をしないといけません。本人確認のやり方としては①銀行口座を登録、②かんたん本人確認の2パターンから選べます。

①銀行口座を登録して本人確認する方法

銀行口座を登録することで、メルペイに直接お金をチャージしてメルカリ内やコンビニの支払いにそのまま利用できます。

お得ポイント3
銀行口座を登録しておくと、メルカリで販売して得た売上金を銀行口座に振込もうとした際、振込申請期限が通常180日間なのですが、この申請期限がなくなるので売上金の期限を気にしなくてよくなります。

銀行口座を登録して本人確認する手順
1)メルペイ画面の【お支払い用銀行口座の登録】をタップ。3箇所ありますが全て同じ画面に飛びます。
※中央画面は左画面を下にスクロールした画面

2)【銀行口座を登録する】を選択する。
3)銀行を選択して準備するものを確認後【同意して次へ】※準備するものは銀行によって違います。


4)それぞれ各銀行の必要情報を入力画面にしたがって入力してください。

5)銀行口座の入力が終わったらメルカリアプリに戻り、パスコードの入力画面にて4桁の数字を設定したら登録終了です。

※注意
銀行を選択する際に地方銀行(大分銀行など)やゆうちょ銀行はないので選択画面になければ銀行口座での本人確認はできません。その際は「かんたん本人確認」のみでの登録となります。

②「かんたん本人確認」する方法

「かんたん本人確認」とは、運転免許証・在留カード・パスポートと自分の写真を一緒に撮って送ることで本人確認をする方法です。

銀行口座がない方や銀行口座の登録をしたくないという方はこちらの方法で本人確認ができます。

かんたん本人確認する手順
1)メルペイ画面の【かんたん本人確認で売上金の申請期限なし】のバナーをタップ。

2)【設定をはじめる】をタップして「運転免許証」「在留カード」「パスポート」のどれかを選択。

3)確認事項を確認後、【同意して次へ】をタップ

4)指示通りに本人確認書類と一緒に撮影
※マイナンバーや学生証は使えないのでご注意ください。

「かんたん本人確認」本人確認書類と一緒に撮影する方法を動画でも確認できます↓

 

5)本人確認書類と一緒に撮影終了後、本人の情報を入力。※本人確認書類と住所が異なる場合は追加で書類を準備して撮影しなければいけません。

6)パスコードの設定
4桁の数字を設定したら「かんたん本人確認」は終了です。

メルペイの利用方法

メルペイの「本人確認」登録が終わったらメルペイを使って支払いをしてみましょう。

メルペイの利用方法として「iD決済」と、QRコードやバーコードを使った「コード払い」があります。これらの方法は①ポイント ②メルペイの残高 ③メルペイ後払い この3つから支払うことが可能です。

※メルペイ電子マネー「iD決済」は売上金やポイントがなければ使えません。また、スマートフォンのApplepay対応、おサイフケータイ対応でないと利用できないのでご注意ください。

メルペイのiD決済コード支払いを利用するには、メルペイ残高(メルカリの売上金+銀行口座からのチャージ分)をポイントに交換する必要があります。

ポイント交換方法

メルペイのポイントはメルカリの売上金または銀行口座からのチャージで無料で購入ですることができます。(現金での購入はできません)

①メルカリの売上金でポイントを購入する方法

メルカリアプリからメルペイ画面→【ポイント購入】をタップ

②銀行口座からチャージする方法(事前に銀行口座を登録しておく必要があります)

1)メルカリアプリ→【メルペイ】をタップ

2)【チャージ(入金)】をタップ

3)支払い用銀行口座とチャージ(入金)の金額を選択し【チャージする】をタップ
※1日のチャージは1000円〜20万円までとなっています

超簡単コード払い

コード払いの利用は設定の必要がありません。

1)メルカリアプリ→【メルペイ】をタップ

2)【コード決済】をタップ

3)「メルペイのコードで支払います」と定員さんに伝える。

4)コード払いの場合はQRコードバーコードどちらかのバーコードを見せます。

※お店によって使えるコードが違います。ローソンはQRコード、セブンイレブンはバーコードなど




コードをレジで見せるか専用端末にかざすと支払い完了です。コード払いは先払い方式ですので、売上金やポイントがないと使えません。

メルカリの売上金がない場合は支払い用銀行口座を登録後チャージすれば利用可能です。

3分で設定可能!すぐに使えるメルペイ「iD」決済

「iD決済」を利用する場合は事前に設定が必要です。

iD決済の設定方法

1)メルペイ画面の【電子マネー(iD)の設定】タップ

2)【次へ】→認証番号の設定SMSに送られてきた4桁の認証番号を入力して【認証して完了】タップ

3)Apple payにカードを追加カード名にメルペイ記載確認後【OK】で設定終了。

iDでの支払いが可能になります。

メルペイのポイントを交換(購入)したらiDマークがあるお店で「iDで支払います」と伝えてメルペイ画面のiD決済をタップしてiD決済の画面を出します。

お店の専用端末にスマホをかざしてTouch IDまたは暗証番号を入力するとお支払いができます。

メルペイ電子マネーiDも、先払い方式ですので、売上金やポイントがないと使えません。

メルカリの売上金がない場合はお支払い用銀行口座を登録してチャージして使います。

メルペイスマート払いの設定で更に1000ポイントゲット

2019年11月7日〜のキャンペーンでメルペイスマート払いの設定後、翌月の10日までにメルペイスマート払いを利用すると更に追加で1000ポイントが貰えます。

メルペイスマート払いとはメルカリにて購入したりメルペイ加盟店やWebサービス、ネットにて買い物した際に発生した代金を翌月にまとめて支払える後払いサービスです。

メルペイスマート払いのメリット
・翌月1日から末日までまとめて支払いが可能
・残高が足りなくても支払いが可能
・支払いをまとめて1度で支払える
・利用上限金額の設定で使いすぎ防止
・メルカリでの利用で3%ポイント還元

※注意
メルカリの残高から清算する際は手数料が無料ですが、その他の清算方法で支払う場合は300円の手数料がかかります。メルペイスマート払いは18歳以上で利用ができます。

メルペイスマート払いの設定方法

メルペイ画面をスクロール【メルペイスマート払い設定】をタップ→内容を確認後設定をはじめる】をタップ


利用目的を確認後【上記の利用目的で申し込む】をタップ→パスコードの設定利用上限金額を設定(金額は後から変更できます)【この金額ではじめる】タップ

メルペイスマート払いで商品を購入する方法

メルペイスマート払い設定後翌月の10日までに利用しないとキャンペーンポイント1000ポイントがもらえませんので、設定したら早速利用してみましょう。

メルペイ画面にて【メルペイスマート払い】をタップ→設定が切り替わるので、設定が切り変わったらこの状態でコード払いやiD決済が可能です。

元のメルペイ残高での支払いに戻したい場合も同様にメルペイ残高の切替表示をタップすれば戻ります。

メルカリでも購入した商品の支払い画面にて支払い方法をメルペイスマート払いを選択することで利用可能です。

メルカリでメルペイスマート払いで支払いをした場合、購入ごとに最大3%ポイント還元のキャンペーンが2019/11/7よりスタートしたのでキャンペーンが終了するまではメルペイスマート払いでの支払いが一番お得です!(メルカリのアプリからのみキャンペーンに参加できます)

詳しいキャンペーン情報↓
メルカリスマート払いで最大3%ポイント還元
 

メルペイスマート払いの精算方法

スマート払いで決済した分のお金は、翌月1日から末日までいつでもまとめて以下の方法で支払うことが可能です。

翌月の期限内に精算できなかった場合、メルペイおよびメルカリの利用ができなくなる可能性がありますので、かならず精算をしてくださいね。

メルペイスマート払いの精算方法
・メルカリの残高で支払う(手数料無料)
・コンビニ払い(手数料300円)
・銀行口座振替(手数料300円)

翌月1日以降【やることリスト】にスマート払い精算の通知が届きます。ここをタップすると支払い画面に移りますので、自分の支払いやすい方法を選択して支払いをしてください。

メルペイクーポンを利用して更にお得に

メルペイでは各種コンビニやドラックストア、飲食店で使えるクーポンを定期的に配布してくれています。

半額以下のクーポンを気軽にコンビニで使用できるので定期的にチェックしておくと良さそうです。

メルペイクーポンの利用方法

メルペイ画面をスクロールしたらメルペイクーポンがあるので気になるクーポンをタップ

【クーポンを使う】→画面をレジ前で【画面のシートを横にスクロール】したらバーコードが出てくるのでレジで読み取ってもらえばクーポンの金額が適用されます

まとめ

メルペイの登録方法から利用方法、お得なキャンペーン情報などをご紹介させていただきました。

最後に、メルペイのメリットデメリットをまとめてみました。

メルペイのメリット
①大きなポイント付与や還元
②お得なキャンペーンが多い
③簡単に登録できる
③決済が簡単

メルペイのデメリット

①売上金やポイントがないと利用できない
②銀行口座の選択ができない銀行がある

メルカリをすでに利用している人はすんなりとメルペイを導入できると思います。メルカリを利用したことない方でも、これをきっかけに始めてみるのもいいかもしれません。これからまだまだ伸びていきそうなキャッシュレス決済を気軽でお得に取り入れたい方にメルペイは特にオススメです。

コンビニ好きな私はメルペイクーポンを子どものおやつ購入時によく利用しています。コンビニだと価格が高くて、なかなか手にできなかったおやつなども購入できるので子どもは喜んでいます。クーポンの利用からでもよかったら利用してみてくださいね。

写真の使用元
https://www.mercari.com/jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です