SoftBankとヤフーの合同提供「PayPay」の使い方と登録方法

PayPay

2018年10月に、実店舗での決済サービスを開始した「PayPay」。SoftBankとヤフーの合弁会社が運営する新しい決済サービスです。

今回は、そんなPayPayの使い方やメリット、デメリットについて解説します。ぜひ参考にしてください。

PayPayとは?

PayPayは、SoftBankとその子会社であるヤフー発のスマホ決済サービスです。

サービス名のPayPayは、会社名の「PayPay株式会社」から来ており、Softbankとヤフーがお金を出し合って共同で設立した会社なのです。

大手SoftBankとヤフーが共同するということもあり、とても話題になっています。

ちなみに、PayPayは「Paytm Inc.」というインドの大手スマホ決済会社の技術協力を得ています。

このPaytm Inc.について最後に詳しく解説します。

ここからは、そんなPayPayの詳しい使い方や特徴、メリットやデメリットについてです。

PayPayの決済方法

PayPayには、2つの決済方法が用意されており、店舗側が用意したQRコードをユーザーが読み取る「ユーザースキャン」方式と、ユーザーがアプリ内で表示したバーコードを店舗側が読み取る「ストアスキャン」方式の2つです。

ユーザースキャンでは、お店のQRコードを読み取ると金額を入力する画面になるので、あとは必要な金額を入れてお店の人に確認してもらい支払い完了です。

ストアスキャンでは、お店の人に自分のバーコードを読み取ってもらうと支払いが完了します。

QRコードなどの読み取り時間は、他のスマホ決済サービスとあまり大差なくスピーディーに買い物ができます。

PayPayを利用するには

まず、PayPay専用のアプリをインストールします。

paypay

iPhoneユーザーならApp Storeから、AndroidユーザーならGoogle Playストアからインストール可能です。

アプリをインストールするとログインしてSMS認証を行います。

paypay

その際、電話番号とパスワードで設定するか、すでに持っているYahoo! JAPAN IDでもログイン可能です。

paypay

あとは、お支払い情報を登録すれば設定完了です。

paypay

支払いには、PayPay残高、Yahoo!マネー、クレジットカードでの支払いに対応しています。

paypay

PayPay残高は銀行口座から簡単にチャージできます。

ただここで注意したいのは、現在のところ銀行口座を登録しても出金はできないということ、あと三菱UFJ銀行はチャージに対応していないということです。

他の銀行からはチャージできるのですが、なぜか大手の三菱UFJ銀行は未対応になっています。今後、対応することに期待します。

PayPayが使えるお店

PayPayは日本全国の飲食店、ドラッグストアなどで使えます。

今後、対応店舗を随時拡大予定なので、ますます便利になりそうです。

主な対応店舗は以下の通り
・白木屋・笑笑・魚民・月の花・めでた家・魚銀・山内農場・kocoro・ya・鶏のGeorge・カラオケ歌之助・うちくる・みつえちゃん・ITALIAN GOHAN・TGI FRIDAYS・ミライザカ・和民・メガネドラッグなど

 

今後対応予定の店舗
・ファミリーマート・てもみん・ジーンズメイト・WINDSOR・第一交通産業株式会社・江ノ島タクシー・GENKY・LIPS and HIPSなど

PayPayのメリットとデメリット

ここからは、PayPayのメリットとデメリットについてです。

メリットその1:簡単に始められる

スマホ決済は確かに便利ですが、初期設定に時間や労力がかかれば途中で諦めてしまうかもしれません。

でも、このPayPayは面倒な設定などが一切ないので、誰でも簡単に始められます。

PayPay専用アプリをインストールして、電話番号やYahoo! Japan IDなどでログインして、支払い方法を登録するだけでOKです。

わずか数分で全ての設定が完了するので、アプリをインストールしてすぐに始められます。

メリットその2:大手企業なので安心して使える

PayPayは、SoftBankとヤフーの共同提供です。

今最も勢いのある企業の一つとも言えるSoftBankが参入しているということもあり、ユーザーからすると安心してサービスを利用できます。

メリットその3:無料で使える

PayPayを使うのに費用は一切かかりません。

登録にも、決済する際にもお金はかからなく、スマホさえあれば誰でも始められます。

これは、PayPayだけのメリットというわけではなく、現在サービスを展開するスマホ決済では無料で使えるのはスタンダードになっています。

私たちユーザーからするとありがたい限りなのですが、一体どうやってサービスを実現しているのか気になります。

デメリットその1:加盟店の少なさ

まだ、サービスを開始したばかりなので加盟店が少ないのは当然なのですが、デメリットと言えます。

PayPay自体も、今後順次加盟店を増やしていくと言っているので、今後に期待しましょう。

特に、私たちが日頃よく使うコンビニやスーパーなどで使えるようになれば、もっと便利になると思います。

今後、順調に加盟店は増えていくことが予想されます。というのも、PayPayは決済手数料を3年間無料にするというプランを打ち出しているからです。

これは、以前紹介したLINE Payと全く同じ作戦で、今後加盟店の争奪戦が勃発しそうです。

デメリットその2:ポイント還元率が低い

スマホ決済を使って支払いをすると、買い物の何%分かがポイントとて還元されます。

そのため、現金で支払っても何も得しないので、利便性にも優れているスマホ決済で支払う人が多いです。

PayPayでも、買い物に応じてポイントが還元されるのですが、わずか0.5%ととにかく還元率が悪いです。

決済金額の0.5%がPayPayボーナスとして付与され、PayPay内で利用できます。
0.5%という少なさが、大きなデメリットになります。

このようにいくつかのデメリットはありますが、これもまだサービスを開始してわずかなのである意味仕方ないかもしれません。

今後、ユーザー数や加盟店数がどんどん増えていき、還元率も少しでも上がればもっと使いやすいサービスになると思います。

いずれにしても、今後の成長に期待したいです。

最後に、技術協力を得ているインドの大手スマホ決済会社「Paytm Inc.」について書きます。

Paytm Inc.は、2010年創業のインドの電子決済会社で3億人以上の顧客に800万以上もの加盟店を抱えている大企業です。

このPaytm Inc.は、インド国内での支払い、公共料金、タクシーなど生活のあらゆる支払いで使えます。

インドでは、スマホ決済を使う人がとても多く、これにはインドの偽札被害の多さが影響しているとも言われています。

まとめ

インドの大手スマホ決済サービスの技術とSoftBankとヤフーの共同提供など、PayPayは今後の伸びしろに大きな注目が集まるスマホ決済サービスなのです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です