キャッシュレス生活にオススメのポケットに入れてかさばらない財布4選

日本国内のキャッシュレス率は約18%と、中国の約60%、韓国の約90%と比べるとかなり低いです。

でも、最近になりキャッシュレス決済ができるところが増えており、今後ますます浸透していくことが予想されます。

そこで、今回はキャッシュレス生活にオススメの財布についてです。機能性、携帯性を重視して選びました。

見出し1:必要最低限のものも持ち歩くライフスタイル

「キャッシュレス」とは、「現金を使わない」ことでスマホ決済、カード決済、電子マネー決済などがあります。

読者の皆さんの中にも、すでにカード決済や電子マネーを使ってコンビニなどで買い物をしている人もいるかもしれません。

キャッシュレス生活にはたくさんのメリットがあります。

例えば、アプリなどデータとして使ったお金の総額が一目でわかるので、お金の管理が楽になります。また、お釣りがないのでお金を数える必要がなく、お釣りの受け渡し間違えなどレジでのお金トラブルも減少します。

また、店舗側も売上額を数える必要がないので従業員の勤務時間の削減、人件費のカットにつながります。

あとは、買い物をする人にとって一番大きいのが「身軽に」なることです。どのキャッシュレス決済を使うかによりますが、ジャラジャラと現金を持ち歩く必要がないので荷物が減ります。

そのため、キャッシュレスはミニマリストにも少し似ています。

完全にミニマリストとは言えませんが、必要最低限のもの(キャッシュレス)にするので考え方的には似ていると思います。

キャッシュレス生活のための財布の選び方

せっかくキャッシュレスにするのなら、財布の無駄な機能は出来る限り省きたいものです。

小さくてシンプルなものがオススメです。ポケットや手に収まるサイズのものが理想で、余分なポケットなどは不要。

あとは素材やデザインにもこだわり、革が好きな人なら長持ちするのでレザータイプのものがいいです。

必要最低限の収納数は、ついつい溜め込みがちなレシートなどを必然的に溜め込まないという意図も含んでいます。

ここからはキャッシュレス生活をする人にオススメしたい財布についてです。

1:薄い財布 ブッテーロレザーエディション キャメル「abrAsus」

abrAsus

クレジットカードサイズの「abrAsus」の財布。メイン素材はレザー、カード、コイン、お札を収納できます。

厚さはたった1.3cm、サイズの割にはたくさん収納できてお札も折らずに入れられます。

ただ小さいだけじゃなく、携帯性に優れた使いやすさ重視のオススメ財布です。

2:小さいふ ペケーニョ「クアトロガッツ」

French toast

「基本的にはキャッシュレス生活だけども、小銭も少し持ち歩きたい」という人には、クアトロガッツの財布がベスト。

大阪にある秘密基地にてハンドメイドされている、人気商品です。

サイズは横9.2cm×縦7.5cm×厚さ1.5cm、革製のため使い込めば使い込むほど馴染みます。

クアトロガッツの財布は様々なデザインやカラーがあり、シンプルで落ち着きのあるものからカラフルなものまで幅広いラインナップが揃っています。

コンパクトなものがいいけど、念の為小銭も持ち歩きたいという人に理想の財布で、小銭が多くなってもこぼれ落ちないように設計されています。

お札は10〜20、小銭は20〜30枚収納可能です。

3:カルトラーレ ハンモックウォレット「カルトラーレ」

カルトラーレ

見た目の大きさの割には、たくさん収納できます。

国産の皮を使い、シックで大人っぽいデザイン。サイズは縦9.3cm×横8.2cm×厚さ1.9cm、カードポケットのある本体と小銭収納部の2つで構成されています。

二つ折り財布を使っている人あるあるの「使っているうちに小銭が増えてしまう」という悩みを解決するために、小銭の視認性を高くし会計時に小銭を出しやすいように設計されています。

また、傷や汚れなども目立ちにくい加工になっているので、長く使える商品です。

「made in Tokyo」と東京下町職人による高品質の日本製です。

4:m+ 折り財布「エムビウ」

m+

「エムビウ」の二つ折り財布。ボックス型で大人っぽいデザイン、財布にはたくさんの収容スペースがあります。

小銭入れとしても十分使えるので、いきなり完全キャッシュレス化はちょっと…という人にオススメです。

豊富なカラーバリエーションに、札入れ1つ、マチ付きのカード収納が3つ、カード収納ポケットが1つ、小銭入れが1つついています。

まとめ

 

今回は、キャッシュレス生活にオススメの財布についてでした。

これまで、特に男性に主流だった長財布に変わってコンパクトなキャッシュレス用の財布が今人気です。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です