やはり現金は必要?地震で停電した時のキャッシュレスが使えない弱さ

お財布をカバンから取り出すことなく買い物ができるキャッシュレス決済。

ポイントもついてお得にショッピングができると話題になっていますが、大きな弱点があるようです。

それが、地震などの災害です。今回は、そんなキャッシュレスの災害時の弱さについて書きます。

停電したらキャッシュレスは使えなくなる

今年2018年は大規模な地震、豪雨など数多くの災害が発生しました。大阪や北海道など大都市での災害は多くの人にダメージを与えました。

亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

地震などの災害が起こった時、街の電気がストップししばらくの間電気が止まることがよくあります。

最近、日本でもよく話題になる「キャッシュレス」での支払い。専用機械に軽くかざすだけで支払いが完了するとても便利な決済方法です。

しかし、基本的にはキャッシュレスでの支払いにはネット回線などの電気が必要で、災害によって停電するとキャッシュレスでの支払いはできなくなります。

キャッシュレス決済は、端末から最終処理を行うホストコンピューターまで全てで電力によって動いています。

これが前提で、もしこのどこかがダウンすればキャッシュレスでの決済はできません。

これはシステム上仕方ないことです。

キャッシュレス決済ができないということは、何もお店側だけの責任ではなく、キャッシュレス決済できない=お金を持っていないと同じ意味なので、私たち消費者は現金を持ち合わせるなどの対処が求められます。

このシステム上の問題は、何も地震や大雨の災害時だけには限りません。会社側や何らかのシステム障害によって機能がダウンすることもあります。

そんなどうしようもない時に、「店側の責任だ!」と言えるでしょうか。

災害の多さはキャッシュレス化の遅れにも影響する

日本は世界的にみても地震や大雨などの災害がとても多い国です。

先ほど述べたように、災害が起これば電気がストップしキャッシュレス決済ができなくなる恐れがあります。

日本は、キャッシュレス化が進む中国やヨーロッパよりもはるかに災害が多いのです。

そのため、いつキャッシュレス決済ができなくなり、どのくらいシステムが停止するのかなどは誰にも予想できなく、災害の多さもキャッシュレス化の実現の遅れに少なからず影響しているのです。

災害時こそ現金が必要に

もし、今以上に日本でキャッシュレス化が進み、ほぼ全ての人がキャッシュレスによって買い物をするようになれば、災害が起きてキャッシュレスが使えなくなった時、買い物ができなくなります。

そのために、どんな時も現金は必要で、災害時に頼れるのは結局は現金なのです。

電気が止まろうが、何があっても現金があれば物を買うことができます。

ただ、ここで覚えておいて欲しいのが現金にも災害時の弱さがあるということです。

というのも、地震など災害が起きた時には多額の現金を身につける or 財布を持って逃げると思考する人はあまりいません。

緊急時に、「お金を持って逃げる」のは「生き延びる」よりも優先度が低いからです。

ただ、スマホはいつも身につけていることが多く、ポケットに入れている人も多いので、わざわざ「スマホを持っていかないと!」と考えなくても自然に身につけていることが多いのです。

そのため、災害時にたとえ現金が一銭もなくてもスマホを持ち歩いていると、キャッシュレス決済ができればものを買えるのです。

こればかりは、キャッシュレス、現金どちらにもメリットとデメリットがあるのでどちらが優れているということではなく、一長一短です。

オフラインで使えるものもある?

キャッシュレスには電気が必要で、例えばクレジットカードもカード情報を読み取りインターネット回線を通じて決済処理が行われます。

電気が止まれば当然クレジットカードによる決済もできません。

これらのサービスは全て「オンライン」で行っていますが、もし「オフライン」で行えるサービスがあれば災害時でも大丈夫です。

実際、Square社の「Square」というサービスではオフライン状態でもクレジットカード決済ができるシステムを採用しており、ネット回線がなくても稼働します。

オフライン時に受け付けた決済は、オンライン状態になったタイミングで本決済が行われます。(ここでは電子マネーは使えない)

確かに、このようにオフラインでも決済できるものがあれば災害時でも安心して使えますが、まだ少ないのが現状です。

そのために、’’完全キャッシュレス化’’ というのはまだあまり現実的ではなく、課題や不安が残ります。

理想は、普段キャッシュレス決済をしている人でも万が一のために多少の現金は持ち合わせておくことです。

今後の ‘’オフライン’’ キャッシュレス化の実現

現在、オフライン決済ができるのはSquareですが、今後このオフライン決済を採用する企業がどんどん増えてくることに期待します。

このオフライン決済は、何も災害時だけに限らず、例えば露店や行商など普段ネット回線が得られにくい場所でサービスを開始する際にも便利になるかもしれません。

ネット回線が得られないため導入したくてもなかなかキャッシュレスを導入できないお店もたくさんあります。

また、スマホ決済など支払う側も基本的にはネット回線が必要になります。

ここからは、QRコードで支払う際のネット回線の重要性について書きます。

ネット回線のない外国人観光客などが国内で決済する時などです。

その1:支払いQRコードは毎回変わる

買い物時に読み取ってもらう「QRコード」は、支払い毎に変わります。

そうしないと、他人にコピーされて悪用されることがあるからです。

その2:本人確認でネット回線が必要

店側がQRコードを読み取った後、利用者IDなどの情報が正しいかネットに接続して確認します。

これも悪用を防ぐためのセキュリティー対策です。

そのため、スマホ決済をする際はシステムによっては基本的にこちら側もネット回線が必要になるのです。

まとめ

いかがでしたか?今回は、キャッシュレス決済の災害時の弱みについてでした。

店側のオフラインでの決済など、システム上の話なので言葉で表すよりも難しいことですが、今後オフラインでの支払いに対応するようになればますます便利になるでしょう。

そうなれば、消費者と店舗側両方に大きなメリットになります。今後の成長に注目が集まります。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です