キャッシュレス生活は快適!仕組みを理解してストレスフリー生活

ここ最近、テレビやネットでもよく取り上げられる「キャッシュレス」。でも、実際にキャッシュレス生活を始めるには何から始めればいいのかよくわからないという人もいると思います。

今回は、そんなキャッシュレス生活のやり方について解説します。

そもそも ‘’キャッシュレス’’ の定義とは?

キャッシュレス(Cashless)とは、「現金を使わない」という意味で、クレジットカードや電子マネー、口座振替を利用して支払い・受取りを行うことを意味します。

その中には、このサイトで紹介するスマホ決済も含まれており、日本国内でもどんどんサービスが提供され始めています。

キャッシュレス支払いの利用シーンは、現状ならバスや電車の乗車、コンビニやスーパーでの支払いなどが主流です。

中国やインドなどキャッシュレス化が進んでいる国では、コンビニやスーパーを始め、街の露店などでもキャッシュレス支払いが利用できます。

述べた通り「口座振替」も含まれるので、税金や各種保険の支払いに銀行口座からの引き落としを指定していればそれもキャッシュレスになります。

また、企業の間でも実際現金はほとんど使われておらず、多くの場合キャッシュレスによる支払いがされています。海外とのやりとりも同じで、キャッシュレスによる送金を行なっています。

このことからわかるように、キャッシュレスは何もクレジットカードやスマホ決済などの支払いだけに限らず、消費者、企業から政府まで幅広い分野で利用されているのです。

キャッシュレスの仕組み

キャッシュレス決済は、機械を使って行うので何だか難しそうなイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実際はそんなことありません。

ここでは、読者の皆さんが利用するであろうキャッシュレスによる買い物を例に挙げます。

キャッシュレス決済には、大きく3つの支払いタイミングがあります。

「前払い」、「即時払い」、そして「後払い」です。

「前払い」とは、いわゆるプレイペイド方式のことで、例えば、バスや電車に乗る際に使うSuicaやコンビニで使う楽天Edyなどがその例です。

これら前払い式のものでは、すでにチャージされている分しか使えないので、使い過ぎることはありません。

事前に駅の券売機やコンビニのレジなどでチャージしておく必要があります。

「即時払い」は、何か商品を購入すると即時お金が引き落とされるタイプで、デビットカードがその代表例です。

デビットカードは銀行口座と紐づけられているので、買い物をすると自分の銀行口座から即時にお金が引き落とされます。

デビットカードには「VISA」や「Mastercard」などがありますが、クレジットカードのように審査は基本的にありません。そのため、クレジットカードが作られない人、未成年の人などに人気です。

ちなみに、クレジットカード同様に海外旅行先でも使えます。

そして、「後払い」ですが、これはクレジットカードがその代表です。商品を購入するとその場でお金が引き落とされるのではなく、1ヶ月後くらいにまとまって請求がきます。

後払い方式のメリットは、手持ちのお金がなくても買い物ができること、ただそれはデメリットにもなり、遅れて請求がくるため使い過ぎてしまうことがあります。

クレジットカードなど後払い式のものを使う際は、計画的に利用したいものです。

このようにキャッシュレスには異なる支払い方式があるものの、決済自体は専用の機械にカードや端末を読み込んで支払います。

カードを直接機械に読み込ませる「接触型」とカードや端末を機械に触れることなく決済が可能な「非接触型」の2つがあります。

セキュリティー面を考慮すると、後者の非接触型の方が安全とされています。

あと、スマホ決済ではQRコードを使って支払うタイプもあり、ここ最近利用できる場所が増えています。

自分のスマートフォンやタブレットに表示したQRコードを店員に読み取ってもらうタイプと店舗側が用意したQRコードを自分のスマートフォンなどで読み取るタイプがあります。

ここからは、キャッシュレス生活の導入のやり方についてです。

普段の買い物ではスマホ決済 or カード・電子マネー決済

まずはスーパーや外食など普段の買い物について。ここでは、最近普及し始めているスマホ決済が理想でもし無理ならカード又は電子マネー決済がオススメです。

やっぱりスマホ決済のように荷物を少しでも減らせるのはとても便利で、カードや電子マネー決済もいいですが、もしよく行くお店がスマホ決済に対応しているのならぜひ活用しましょう。

カードは薄く軽いですが、それでもやや大きさがあります。

現金自体必要ないかもしれませんが、カードを入れるのに財布を持ったり、カードケースを持ったりと何かと荷物になります。

ちなみに、スマホ決済には、FelicaとQRコード決済があり、Felicaはいわゆる「かざすタイプ」のスマホ決済で、Felicaの代表的なサービスは、Apple Pay、Google Pay、おサイフケータイがあります。

QRコード決済なら楽天ペイやLINE Payなどが有名です。

前者のFelicaには、サービスに対応するスマートフォンが必要なので、iPhoneならApple Pay、Androidならおサイフケータイになり、どのスマートフォンでも使えるわけではありません。

例えば、Apple PayはiPhone7以降の端末が対象なので、iPhone6sを持っている人は残念ながら使えません。

それに対して、QRコード決済なら端末の縛りがないので、スマートフォンやタブレットを持っている人なら基本的に誰でも利用可能です。

あとは、バスや電車に乗車する際にも電子マネーを利用したスマホ決済を使いたいです。

通勤や通学時には、カードを含む財布類はおそらくカバンの中に入れていると思いますが、スマートフォンはポケットなどすぐに取り出せる場所に入れている人が多いと思います。

Apple PayはSuicaに対応しているので、ぜひ利用してみてください。

固定費はカード決済

スマホ代金やインターネット回線、光熱費やNHK受信料などの固定費は、カードでスマートに決済します。

固定費は人によって様々ですが、ほとんどのサービスでクレジットカードによる支払いに対応しているので、一度確かめてみてください。

例えば、スマートフォンや自宅のインターネット回線などの通信費は銀行口座引き落としにも対応していることもありますが、ポイントが貯まるクレジットカード(デビットカード)による決済がお得です。

またサービスによっては、カード払いにすることでWiFiルータの設置費用が無料になるなどお得な特典もあります。

オンラインでの買い物もカード決済

Amazonや楽天などオンラインショッピングを利用する人も多いでしょう。

最近だとメルカリなどもあり、コンビニ支払いや代引き支払いに対応していますが、コンビニに行く時間や代引きの手数料を考えるとやはり勿体無いです。

オンラインショッピングでは、基本的にクレジットカード決済に対応しているので、ここでもカード決済を使います。

あとは、飛行機や新幹線、夜行バスなどもクレジットカードに対応しているところがほとんどなので、カード決済がベター。

新幹線の切符を購入しようと窓口に並ぶ必要がなくなるので、カード決済にはメリットが多いです。

まとめ

いかがでしたか?今回は、キャッシュレス生活のやり方についてでした。

利用シーンに合わせてキャッシュレス決済を使い分けることで、より便利になるでしょう。