キャッシュレス生活は支払い明細がひと目でわかるため節約に繋がる!

私は現在、ポーランドに住んでいます。普段の生活で現金はほぼ使わず、カードによる決済つまりキャッシュレス生活をしています。

現金は、本当に1ヶ月に1回使うか使わないかのレベルで、財布には基本的に現金は一切入っていません。

今回は、キャッシュレス生活を始めて気づいたことを正直に書きます。参考程度に読んでください。

ポーランドってキャッシュレス化が進んでいるの?

そもそも、日本では「ポーランド」という国はあまり知られていません。

多くの人が、「ポーランド?何が有名…?」という感じかもしれません。実際、筆者もポーランドに来る前は正直、首都の「ワルシャワ」くらいしか知りませんでした。

ポーランドは、ドイツの東にある旧ソビエトの国で、東欧又は中欧と言われます。公用言語はポーランド語で、ロシア語と同じスラブ語系に属しています。

国民の平均月収は日本円で約7万円程度と日本に比べるとかなり低いです。そのため、基本的に物価はとっても安く日本のだいたい3分の1程度です。パンなんて1つ15円とかのレベルです。

ドイツやフランスなど西欧諸国と比べても物価は安く、観光客も少ないのが特徴です。

そんな一般的にやや ‘’貧しい’’ イメージのあるポーランドですが、正直キャッシュレス化は日本よりもかなり進んでいます。

スマホ決済自体使っている人はあまり見かけませんが、カード決済が主流で若い人だけじゃなくお年寄りの人でもよくカード決済しているのを見かけます。

というのも、コンビニのような小さなお店からスーパー、ドラッグストア、医療施設など本当にどこでもカード決済に対応しています。

中には、街の有料トイレやプリクラのような写真機でもカード決済に対応しているものもあり、郵便局配達員やデリバリー配達員などもワイヤレスのカード決済機械を持っているので、カード決済が可能です。

そのため、ポーランドで生活する上では現金がなくても基本的に不便はありません。

友人にもキャッシュレス送金

例えば、レストランで友人と割り勘した際、基本的に私はポーランドの銀行を使って送金します。

これは、ポーランドで一般的というよりは私が行っているだけかもしれません。

ポーランドの銀行の専用アプリを使えば、30秒くらいで相手に送金できます。私は、とにかく現金を使う(持つ)のが嫌なので、割り勘時でもこの手段を使っています。

ただ、この送金手段は人によってはあまり知らない人(又は友人でも)に個人情報である銀行口座を教えたくないという人もいるので、毎回毎回できるとは限りません。

私の現状では問題なくできていますが、今後人によっては嫌がる人も出てくるかもしれません。

一時帰国した際のある悩み

ポーランドに長く住んでいますが、当然たまに日本にも帰ります。

帰る時はまとまって1ヶ月や2ヶ月くらいいることが多いのですが、世界でも利便性の高いことで有名な日本でこのキャッシュレスについて不便を感じることが多いです。

最近になり、カード決済や電子マネー決済、スマホ決済などができる場所が増えていますが、ポーランドに比べるとまだまだ少ないのが率直な私の感想です。

確かに、コンビニやスーパー、NHK受信料や車検などあらゆる場面でカード決済に対応していますが、生活してみるとどうしても現金が必要です。

特に私の利用シーンだと、車検やNHK受信料などの固定費を支払うというよりは、数ヶ月(時に1ヶ月以下)の滞在なのでスーパーなどで買い物する方が多いです。

大きな都市に住んでいるのですが、街のローカルなスーパーはもちろん、大きなチェーン店でもカード決済できない場所が多くあります。

あと、バスや電車も私のiPhoneは「6s」なのでApple PayでSuicaが使えません。

そのため、一時帰国した際はどうしても現金を持っておく必要があるのです。

あと、短期間の滞在なので変に現金が余ってもポーランドに帰る際不便です。

キャッシュレス生活にして気づいたこと

最近になり、キャッシュレス決済がよく話題になっていますが、私が日本にいた頃はほとんど話題にもなりませんでした。

当時、このキャッシュレスにする恩恵は全く想像できなかったので、キャシュレスについて考えることもありませんでした。

ただ、ポーランドに来てから本格的にキャッシュレス生活にして気づいたことは、現金払いがどれだけ面倒だったかということです。

それは、現金を持ち歩かなくてもいいという物理的なこともありますが、毎月の生活費の管理なども何倍も楽になったということも含め全般的にです。

支払い明細がすぐわかる

ポーランドでは、現地の銀行のデビットカードを利用しているので利用詳細は専用アプリにて確認します。

いつ、どこで、何に使ったのか一目でわかるので、1週間単位や1ヶ月単位でもお金の使い道を把握できるのはお金の運用管理に大きく貢献しています。

あと、よくキャッシュレス化にすることでお金の管理ができ、お金への関心が深まるので貯蓄が増えるなんて言いますが、まさにその通りだと実感しています。

キャッシュレス生活を始める前は、なんとなく毎月お金を使い、なんとなく節約、貯金していましたが、今は計画的にお金を管理するのが楽しくちょっとしたゲームのような感覚です。

今後、ポーランドにもスマホ決済が普及してほしい

ポーランドではあるのかもしれませんが、私自身はまだQRコード決済を見たことがありません。(それ以外のポーランド独自の決済システムやApple Payには対応している)

個人的にも、スマホ一つで決済が完了するのならさらに荷物が減りますし、早くスマホ決済を生活に取り入れたいと考えています。

キャッシュレス化が進んでいるポーランドなので、スマホ決済の普及もあまり遠くはないのかなとは思いますが、どうでしょうか。

お隣ドイツでもカード決済自体は普及しているけれども、スマホ決済はあまりないとも聞くので、欧州ならではの事情が関係しているのかもしれません。

まとめ

今回は、私がキャッシュレス生活にして気づいたことについてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です