もう財布やカードは不要!今話題のスマホ決済の仕組みとサービスを徹底比較

sumahokesai

コンビニなどで買い物する際、皆さんはどのように支払っていますか?

最近になり、クレジットカードやデビットカードで支払いをする人が増えてきましたが、これからはカードさえいらない時代がやって来るかもしれません。

それが、スマートフォンのみで決済する「スマホ決済」で、テレビなどで聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

そもそもスマホ決済とは

スマホ決済は、名前の通りスマートフォンで決済するサービスのことで、近年登場した新しい決済方法です。

スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末を利用して料金の支払いをし、クレジットカードで決済を行います。

私たちの生活に欠かせないものとなっているスマートフォンで買い物までできたらとても便利ですよね。

次に、スマホ決済の仕組みについて解説します。

その1:非接触IC

非接触ICは、スマートフォンの決済アプリに電子マネーを取り込んだりクレジットカードを登録して支払うタイプのことです。

クレジットカード会社が紐づけられているので、セキュリティ面でも安心です。

有名なサービスとして、Apple Pay、Google Pay、おサイフケータイなどがあります。

その2:QRコード

RQ

LINEで友人を追加する時などにも使ったことがある「QRコード」。

おそらくこのQRコードの方が馴染みがあると思いますが、これは中国のスマホ決済から生まれた規格です。

QRコード決済では、店舗でスマホ決済のアプリでQRコードを表示、または店舗のQRコードを自分のスマートフォンで読み取って決済します。

支払い時には、自分の端末とパスワードが必要です。

非接触IC決済とは違って、QRコード決済ではスマートフォンに電子マネーやクレジットカードの情報を登録せず、クレジットカード情報などと連携して決済を行います。

代表的なQRコード決済のサービスには、楽天ペイやLINE Payなどがあります。

スマホ決済のメリット

ここからは、スマホ決済のメリットについて書きます。

スマホ決済のメリットその1:現金を持ち歩く必要がない

やはり一番大きなメリットは、現金やカードを持ち歩かなくてもいいので荷物が減るということです。

普段、お財布を持ち歩くのは普通のことなので、少し想像しにくいかもしれませんが、とても快適です。

スマホ決済のメリットその2:海外旅行に便利

欧米など日本よりもスマホ決済が一般化している国が多く、海外旅行の際にかなりこの恩恵を受けると思います。

慣れない通貨での支払いは、小銭などとにかく面倒です。

そんな時に、お財布も不要でスマホだけで決済できたらどれだけ海外旅行が快適になるでしょうか。

見出し1:スマホ決済のデメリット

メリットがあれば、当然デメリットもあります。

スマホ決済のデメリット:レシートの発行方法

スマホ決済の種類によっては、専用のレシートプリンターを購入しなければ紙のレシートを発行することができません。

そのため、基本的にレシートはお客さまにメールで送るようになっており、普段、家計簿など紙のレシートを必要とする人にとってはメールで送られたレシートを印刷しなければいけないので面倒です。

スマホ決済サービスの6種類

ここからは、大手スマホ決済サービスの特徴についてです。

Apple Pay

apurupei

Appleが提供する決済サービスで、知っている人は多いでしょう。

日本では2016年からサービスが開始され、駅の改札や買い物時に店舗の端末にスマートフォンをかざすだけで決済できます。

対応する電子マネーは、Suica、iD、QUICPay。

電子マネーはSuica、クレジットカードはSuicaにチャージできるビューカードを利用するととても便利ですよ。

ビューカードからSuicaにチャージすると普通時に比べて3倍のポイントが貯まるので、とってもお得。

貯まったポイントはSuicaにチャージできます。

ちなみに、Apple Payは非接触IC決済を利用しています。

Google Pay

Google Pay

Androidのスマートフォンを使った非接触ICタイプの決済サービスで、日本では2016年12月に楽天Edyに対応したサービスが開始されました。

その後、2017年にはnanaco、5月にはSuica、WAONにも対応し使える幅がグンっと広がっています。

ポイントサービスにはTポイントとdポイントなどが連携しています。

また、今後クレジットカードを登録して買い物ができるようになると公式サイトから発表がありました。

楽天ペイ

rakutennpei

世界の楽天が提供する「楽天ペイ」は、QRコードタイプのスマホ決済です。

楽天IDに登録したクレジットカードで買い物をし、買い物で楽天スーパーポイントも貯まるので、楽天ユーザーにオススメのスマホ決済サービスです。

LINE Pay

LINE Pay

私たちの生活に欠かせないものになっているLINEが提供する決済サービス「LINE Pay」。

LINE PayもQRコードタイプのスマホ決済で、商品の代金は銀行口座から事前にチャージした残高から引き落とされます。

対応銀行口座
・メガバンク
・ゆうちょ銀行
・地銀
など

ユーザー同士なら送金や割り勘ができるのもLINE Payの大きな魅力です。

あと、セブン銀行のATMやファミリーマートやローソンのレジでは現金でもチャージできるので非常に便利です。

銀行口座からのオートチャージにも対応しています。

d払い

「d払い」は、NTT Docomoが提供するスマホ決済サービス。Docomoユーザーじゃなくても利用できます。

d払い加盟店を中心に利用でき、Docomo料金との合算払い、クレジットカード、ドコモ口座からの支払いに対応しています。

買い物で貯まったdポイントは、Docomoユーザーなら1ポイント=1円としてスマートフォンの支払いに割り当てることもできますよ。

Origami Pay

Origami Pay

「Origami Pay」では、アプリと紐づけたクレジットカードから支払います。(銀行口座からの引落しにも対応)

加盟店は、ケンタッキーフライドチキンやワタミグループなどがあります。

気になるスマホ決済のセキュリティ

便利なスマホ決済ですが、ユーザーが気になるのはやはりセキュリティについてです。

クレジットカードでも盗難やスキミングなど、利用する上での危険性があります。

もちろん、スマホ決済も ‘’100%’’ 安全ではありませんが、情報の漏えいを防ぐために通信は全て暗号化されており、かなり安全なサービスと言えます。

スマホ決済を使う人は、基本的な知識や注意点を把握してトラブルのないように使いたいです。

まとめ

いかがでしたか?今回は、今話題のスマホ決済について紹介しました。

「スマホ決済」と一概に言っても、たくさんの種類やサービスがあるので、自分の使用用途に合わせてベストなものを選びたいです。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事が皆さんの役に立てば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です