今更聞けない…スマホ決済とおサイフケータイや電子マネーとの違い

現金を使わず買い物をすることを「キャッシュレス決済」と言います。その言葉を知っている人は多いと思いますが、スマホ決済や電子マネー、おサイフケータイなどの違いを知っていますか?

今回は、今更聞けない「キャッシュレス」について紹介します。

ぜひ参考にしてください。

Apple PayやNFC、FeliCa…たくさんの種類がある

まず、最近よく耳にする「キャッシュレス」という言葉は、現金を使わずに小切手、口座振替、クレジットカードなどを利用して支払うことを意味します。

ただ、現代ではカードや電子マネーでの支払いを指すことが多いです。

今回、紹介するApple Payや電子マネーなどは全てキャッシュレスになり、スマホを使って支払うのも現金を使っていないのでキャッシュレスになります。
ここでは、iPhoneなどのスマホを使って決済するものを中心に紹介します。

スマホ決済にはたくさんの種類があります。

代表的な2つの決済方法

スマホやタブレットを使って決済する「Apple Pay」と「おサイフケータイ」。
この2つはとても有名ですでに使っている人も多いかもしれません。

この2つは、電子マネーとは異なるので注意してください。

まず、「Apple Pay」ですが、これはAppleが開発した決済システムのことでiPhoneやiPad、Apple Watchで利用できます。

apurupei

全てのiPhoneにApple Payが対応しているわけではなく、iPhone7以降の端末で利用可能です。

Apple PayはAppleが独自に開発したシステムなので、AndroidなどのApple製品以外では利用できません。

Appleが世界中にサービスを展開しており、世界各地でこのApple Payが使えます。

というのも、Apple Payは世界で多く利用されているNFC Type-A/Bという規格に対応しているため、利用できる場所が多いのです。

それに対して、おサイフケータイはガラケー時代から使われている決済サービスで、携帯電話やAndroidスマートフォンに搭載されています。

このおサイフケータイは、SONYが開発したFeliCaのICチップを使った非接触型の電子決済システムです。

おサイフケータイは、Type-F方式として正式に国際的に認められる規格になりましたが、現状では日本独自の決済システムという状況です。

FeliCaに対応した実店舗や自販機で利用できます。

サービスのとしての歴史自体はApple Payよりも長いですが、日本独自のシステムということもあり世界的に見るとApple Payの方が主流です。

スマホ決済と言うと、この2つのシステムが基本です。

Apple Payとおサイフケータイの対応電子マネー

このApple Payとおサイフケータイでは対応電子マネーの種類が異なります。

現状では、おサイフケータイの方が対応電子マネーの種類が多いです。

Apple Payに対応した電子マネー

Apple Payには、Suica、iD、QUICPayの3つが対応しています。

対応種類自体は少ないですが、Suica、iD、QUICPayに対応している店舗が多いので、日常使いには不便はありません。

おサイフケータイに対応した電子マネー

それに対して、おサイフケータイでは日本独自に普及してきたので国内で使える電子マネーの種類が多いです。

交通系電子マネーのSuica、nanaco、楽天Edy、iD、QUICPayなどに対応しています。

その他、スターバックスカードなど店舗独自の電子マネーにも対応しています。

使い方・支払い方法

各サービスの使い方と支払い方法について解説します。

Apple Pay

Apple Payでは、電車やバスなどの交通機関、店舗での支払いに対応しています。

交通機関での利用についてですが、Suica対応の交通機関での支払いができ、電車の場合は改札機の読み取り機械にかざすだけで改札を通ることができます。

店舗での支払いはSuicaに加え、Apple Payに追加したクレジットカードでiDかQUICPayのいずれかで支払えます。

ここでは、Suicaカードの追加の方法について紹介します。

まずは、iPhoneにある「Wallet」アプリを起動します。

起動したら右上にある「+」ボタンをタップします。「次へ」をタップして、カードの種類で「Suica」を選択。

次に、Suicaカードの固有番号を入力します。カード裏面の下に番号が記載されています。JEから始まる下4桁の番号を入力します。

あとは利用条件に同意して、カード情報をiPhoneに転送します。

Suicaカードを平らな面に置きカード半分を隠すようにiPhone本体を置きます。転送中の画面が出たら、iPhoneをカードから離さないようにしてください。

あとはアクティベートが終われば、設定完了です。最初に読み込んだSuicaカードは「エクスプレスカード」に自動的に登録され、Touch IDを使わずにSuicaが利用できます。

Suicaカードを追加する際の注意点

これは、あくまでもiPhoneにSuicaカードを読み込む(追加)する方法なので、新規でSuicaカードを発行したい場合はやり方が異なります。

iPhoneでSuicaの発行もできるので、必要な人は一度調べてみてください。

注意点その1:Suica記念カード・限定カードの絵柄は引き継げない

Suicaには「東京駅開業100周年記念Suica」などの限定バージョンがありますが、Apple Payに追加する場合は絵柄は引き継がれません。

注意点その2:500円のデポジットは電子マネーに

Suicaカードを発行した際に支払ったデポジットは電子マネーとして換算されます。

決してなくなるわけではないので、安心してください。

注意点その3:固有番号が変わる

Suicaカードを読み込むと、Suicaの固有番号が変わります。

普段、買い物をする分には問題ないかもしれませんが、Suicaポイントクラブなどに登録している人は注意が必要です。

その他、端末を使うのでバッテリーがなくなれば当然支払いができなくなります。万が一のために、モバイルバッテリーなどを持ち合わせたいです。

おサイフケータイ

続いておサイフケータイですが、楽天Edyやnanacoなどの対応電子マネーで支払います。

「おサイフケータイ」アプリを起動して、サービスを追加したり電子マネーの残高などを確認できます。

電子マネーやクーポン、会員証、ポイントカードの種類によって初期設定方法が異なるので、自分の利用する電子マネーのホームページを確認してください。

支払い時には、わざわざアプリを起動する必要はなく端末を機械にかざすだけで支払いが完了します。

レジで、店員に「おサイフケータイで支払います」と言い、どのサービスか伝えます。

専用機械にかざしてピッと音がなれば支払い完了。

おサイフケータイを利用する際の注意点

おサイフケータイは、全てのAndroidに対応しているわけではありません。

というのも、一般的にキャリアで購入したAndroidであれば問題ないですが、SIMフリーのAndroidだと使えない機種もあります。

SIMフリースマホは便利ですが、おサイフケータイが使えると思って購入すると後で後悔するかもしれません。

購入前には必ず確認しましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は、キャッシュレス、スマホ決済の種類についてでした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。