日本人でもOK!中国のWeChatPay(微信支付)の使い方と登録方法

WeChatPay

世界でもキャッシュレス大国として知られている「中国」の代表的なスマホ決済サービスAlipay(支付宝)とWeChatPay(微信支付)。

今回は、その中でも外国人でも比較的使いやすい「WeChatPay(微信支付)」について紹介します。

実際に、友人に送金したり、中国での買い物をしてみましょう。

WeChatPay(微信支付)は日本人でも使える

中国のAlipay(支付宝)では、中国国内で発行された銀行口座を準備する必要があるのに対して、WeChatPay(微信支付)では銀行口座がいらないので日本人を含む外国人にも優しい決済サービスです。

ただ、ここで紹介する方法では友人への送金、中国国内での買い物、BaiDu(百度)などの中国サービスへの支払いのみです。

日本国内でのWeChatPay(微信支付)対応店舗での支払いには、中国の銀行口座が必要なのでできません。

そもそもWeChatPay(微信支付)とは?

WeChatPay(微信支付)は、WeChat内のモバイル決済サービスのことで、WeChatユーザーの約6億人がこのWeChatPay(微信支付)を利用しています。

WeChatは、中国版のLINEでメッセージや音声通話などが楽しめるサービスです。

その他にも、今回紹介するQRコードを使った決済、オンライン決済、友人間での送金にも対応しています。

日本人のほとんどがLINEを使っているのなら、中国ではほとんどの人がこのWeChatを使っているのです。

ここからは、日本人のためのWeChatPay(微信支付)の使い方です。

ステップ1:WeChatアプリのインストール

まずは、WeChatのアプリをインストールします。

iPhoneを使っている人ならApp Storeから、Androidを使っている人ならGoogle Playストアからインストールします。

インストールしたらアプリを開きます。地球の絵が表示されるので、どこでも構わないので再度タップします。

ステップ2:登録

そうすると、「ログイン」と「登録」というボタンが出てくるので登録ボタンをタップします。

そうすると、携帯電話番号の入力画面になるので、地域「日本」を選択し携帯電話番号を入力します。

その際、国番号「+81」があるので090の最初の0を抜いて入力します。

プライバシーポリシーが表示されるので、読んで同意します。

完了すると、緑の「「开始(開始)」ボタンが出てくるので、タップします。

あとは、ジグゾーパズルのような画面が出てくるので、指示に従って移動させます。

そうすると、入力した電話番号に認証のためSMSが送信されます。そこに、認証コードがあるので、コピー又は暗記してアプリ内に入力します。

ステップ3:初期設定

利用するためには、「声紋」を登録する必要があります。

指示に従って進むと数字が表示されるので画面下の緑のボタンを押しながら数字を読み上げます。

周りの音がうるさい状況でやると、エラーになることがあるのでなるべく静かな場所でやってください。

「次へ」をタップすると、待ち受け画面などを設定する画面に移動します。

ここで、写真を設定したり、氏名を設定したりとプロフィールを変更できます。

写真は自分の顔でもいいですし、何かアイコンでも何でも構いません。

写真、氏名を入力するとSiriで使用するかの確認が表示されるので、音声入力で使いたい人は「OK」をタップします。

これで、WeChatの登録は以上です。次に、WeChatPayの登録方法に移ります。

WeChatPayの登録方法

WeChatアプリの右上にある「+」をタップすると、「マネー」という項目があります。

その中の「お金を受け取る」をタップすると、「実名認証」という中国語のページが表示されます。

ここでは、2つの認証方法が用意されており、中国の銀行口座(添加銀行卡)と身分証明書(中国大陸身分証)です。

「中国の口座や身分証がない」という人も問題ありません。日本のクレジットカードで登録が可能です。

1つ目の「添加銀行卡」を選択して、16桁のクレジットカード番号を入力します。クレジットカードの種類によっては登録できないこともあるようですが、VISAやMastercardなら大丈夫だと思います。

クレジットカード番号を入力すると、個人情報を入力するページに移動します。

ここで、クレジットカードに記載されている氏名、有効期限と裏面にあるセキュリティーコードを入力します。

画面にある「アドレス」とは、住所のことなので間違えのないようにアルファベットで入力します。

全て不備なく入力したら「使用許諾」にチェックを入れて「次へ」をタップします。

そうすると、支払い時に必要なパスワードの設定に移ります。このパスワードを忘れると支払いができなくなるので、どこかにメモするなどしておきます。

パスワードは6桁の数字のみです。

設定すると、自分の受け取り口座情報のQRコードが表示されます。このQRコードが表示されたら、WeChatPayの設定は完了です。

WeChatPayへのチャージ方法

カード情報を登録したら、アカウントを有効化するためにチャージを行います。

WeChatPayのチャージ方法は、大きく3つ。

チャージ方法

  • 中国の銀行口座からチャージ
  • ポケットチェンジからチャージ
  • WeChatPayユーザーから送金してもらう

先ほど登録した日本のクレジットカードでは、残念ながらチャージはできません。

これができるようになれば、かなり楽なのですが…。

では、どうやってチャージするのでしょうか。ポケットチェンジは主に空港にある外貨を両替 or 電子マネーに変換できる機械のことで、家の近くに空港(ポケットチェンジ)があればいいですが、みんなができるわけではありません。

そこで、ここでは3つ目のWeChatPayユーザーから送金してもらう方法を紹介します。

友人などWeChatPayアカウントを持ってる人にお願いしましょう。

自分のQRコードが表示される画面の「金額の設定」をタップします。ここでは「¥」マークになっていますが、これは円ではなく中国のお金「元」です。

希望金額を入力して、QRコードを友人に読み取ってもらいます。スマホのカメラで読み取ってもらってもいいですし、メールなどに添付してもOKです。

WeChatPayユーザーなので、別にアプリ上で友人にならなくても大丈夫ですが、お金を扱うことなのであくまでも自己責任でお願いします。

例えば、どうしても知り合いがいない場合はホテルなどのフロントの人にお願いして送金してもらうとか…いろいろ方法はあります。

まとめ

今回紹介した方法は、日本人でもWeChatPayを使える裏技的な方法なので、中国に長期滞在する人などはやはり中国国内の口座などを持っている方が便利だと思います。

この度は、最後まで読んでいただきありがとうございました。

1 Comment

まっち

「日本国内でのWeChatPay(微信支付)対応店舗での支払いには、中国の銀行口座が必要なのでできません。」
中国銀行口座が有っても中国国籍以外の
人は中国国内(香港、マカオ除く)
でしかWeChatPayは使えません。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です